抱き合っている男女

式をしないという選択も

結婚式を挙げるという人もいれば、結婚式をせずに籍だけ入れるという人もいます。しかしながら、色々なことを考えるとやはり式は挙げておくというのが何よりも大切だといえるでしょう。

手を繋いでいる男女

結婚にかかる費用は高くない

結婚をするという場合に気になるのが、やはり予算の問題でしょう。今ではそうした結婚式の予算についても簡単に調べたりすることができたりするので、上手に活用してみてはいかがでしょうか。

日本古来の美しい伝統

PCを見ている男女

神前式とは神に対して2人の愛を誓う、厳かな儀式です。
今の親御さん世代は、ほとんどの方が神前式で挙式されたのではないでしょうか。
神前式は、白無垢で行う事が一般的で、白無垢には純真無垢の意味もあり、嫁ぎ先の色に染まるといった思いが込められています。
頭には文金高島田に綿帽子、、という姿が、花嫁の典型とされてきました。
綿帽子には、式が済むまで花嫁の顔を見せないという意味や、花嫁を守るベールのような意味等たくさんの説がありますが、どれも清き意味ばかりです。
花嫁姿を見たご両親が、思わず涙を流すといった光景もよく見かけます。

式の後には、嫁ぎ先の色に染まった、とされる色打掛にて披露宴を進める事が多くあります。
近年、東京をはじめ、都会の方から徐々に色打掛で神前式をする花嫁も増えてきていますが、その際は綿帽子ではなく、花嫁の嫉妬からくるツノを隠す、という意味のある角かくしをつけて挙式することも多くあります。
しかし近年、東京で行われた芸能人の和婚姿などから、決まりごと(ルール)のようなものは少なくなってきているようです。

東京で行われた、有名モデルの手がける新作花嫁衣装の発表会では、和装姿に大胆なヘアアレンジ、手には可愛いまん丸のブーケを持ち、ヒール部分の高くなった柄入りの草履を履いて、満面の笑みでランウェイを歩く、、そんな流行を先駆けするようなカリスマも出てきました。
そのおかげで、和装に対する古いといった印象が薄くなってきた気がします。
東京から結婚式の新しい時代の風をふかせ、和装での式を好む方が更に増えることを期待します。

竹やぶにいる和装の男女

披露宴でおもてなしを

結婚式で結婚を祝ってもらった後は、披露宴で幸せな姿を披露してみるというのは当たり前になっています。披露宴でかかる費用なども考えて予算を立てていくことが何よりも大切になっています。

神前式

人気の記事

「昔ながらの神前式。神に対して愛を誓って思い出に残る結婚式を」の人気の記事はこちら。